墓じまいのトラブルは親族間で発生する

私はもし、がんの最新治療を受けることができず自分が死んだら、遺品整理は丸ごと全て業者に任せるようにし、みんなで岡山市の刺身が大好きなので瀬戸内海で海洋散骨してほしいと家族に伝えています。ちなみに岡山はフルーツも大好きで通販のヘビーユーザーです。
以前、大阪市でシロアリ駆除を依頼した友人の親族の葬儀が寝屋川の斎場で行われて参加した際に親族の方同士が口汚く罵りあうのを目にしたことがあります。墓じまいに関する親族間トラブルと言うのも実はそこそこあります。墓を撤去すること自体に反対する親戚というのは意外とあったりしますし、当たり前ではあるのですが親戚一同の墓であったりする場合は自分一人で決められることでもありませんのでその点が厳しい部分になります。倉敷市の霊園でも例えば自分が墓守をしなければいけない立場にあるが子供がいないので墓じまいをしようとした場合であろうとも東京で遺品整理をする際に手伝ってくれた他の兄弟に子供がいたりする場合は何もお墓を閉じる必要はないのではないかと言われることになります。

では、そちらで管理をしてくれ、といってもそれはこちらの責任ではないというような形である意味口は出すが金は出さないというような親戚がいたりしますとものすごくもめることがありますので確認しておきましょう。さて、それはさておき、墓じまいをする場合には中にある遺骨をどうにかしなければならないということになりますがどのようなことをするのかと言いますと一つの方法としては永代供養に出すことや海洋散骨ということがあります。その墓を守っているお寺でも永代供養をしているということの方が多いですから墓を撤去した後にもそちらにお願いするというようなことが最もお勧め出来ます。

或は公共墓地に、ということもあります。公共墓地ということであればそれなりに高い金額を支払う必要性もないですし、捨てられるというような意味合いを持つわけではありませんので供養はされている状況を維持することはできます。永代供養の素晴らしいところはなんといっても一度お金を払ってしまえば続けてのコストが必要なくなるということです。そうした事があるからこそ、永代供養がお勧めできるわけです。

墓じまいは自分のその後を考えて本当に難しい決断をしないといけない、ということになりますがそれでも受け継いでくれたりする人がいないとか自分が管理をするのが難しいということがあるのであればそれこそ、やったほうがよいことになります。

PR|生命保険の選び方|マーケティング経営研究.net|英会話ノウハウ勉強会|クレジットカードの即日発行じゃけん|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|AGAお悩み相談.com|エステサロンを上手に利用する情報サイト|AGAでお悩み解決|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|注文住宅のための用語集|