お清めの塩はお墓参りの時も必要なのか

お清めの塩はお通夜や葬儀参列時にもらいますが、お墓参りの際にも必要か迷うかもしれません。穢れを祓うためにあるのがお清めの塩であり、葬儀参列後に帰宅をしたら、家に入る前に塩をふり浄めます。お墓参りは葬儀とは異なり、ご先祖様に会いに行き、尊び敬うための行為です。ご先祖様を慕うための儀式なので、お通夜や葬儀などのような穢れを、帰宅後に祓う必要がありません。イメージ的にお墓参りも告別式なども同じように感じますが、お墓参りに塩は必要ないです。昔から墓地にはたくさんの霊がいると考えられてきたので、人によっては色々な思いが沸き起こります。お墓参りに行って霊に取り憑かれたりしないか、身体を塩で浄めたほうが良いのではないかと考えるかもしれません。霊園に行ったからといって、霊に憑依をされることは考えにくいですが、気になるならお墓参りの帰宅後に、塩を利用することです。体を簡単に清めることのできる、お浄めの塩を使えば、そうした不安も消えてしまいます。