お寺を困らせないための墓じまい

最近、度々ニュースなどで話題になることもありますが、全国のお寺で放置されているお墓が増えているそうです。お寺にあるお墓は檀家さんのお墓というケースが多いでしょうが、檀家としての関係が切れてしまっていたりするのに、お墓だけがそのまま残されているというケースが多いそうです。檀家の場合、毎年、一定の費用をお寺に収める必要があります。お寺とは関係がない霊園の場合でも、通常、管理料を支払う必要があります。そうした費用をまったく支払わないまま、お墓が放置されていたりするのです。これはお寺や霊園側にとっても非常に困る問題と言えるでしょう。それを防ぐためにも、お墓を持っている人は管理できなくなる前に墓じまいをしておくべきです。これをお墓を持つものとしての最低限のルールと言えるでしょう。もちろん、墓じまいに伴ってそれなりの費用が掛かると思いますが、それは仕方がありません。先祖のためにもきちんと後処理はしておきたいものです。