お墓参りに造花が好ましくないとされる理由

お墓参りでお墓に供える花は、できるだけ長持ちした方が良いです。長く良い状態をキープできることだけを考えると、生花ではなく造花はまさに適しています。花びらも葉っぱの部分も傷むことはありませんし、花瓶の水替えを行う必要もありません。生命を与えられている生花とは違うので、虫が寄り付く心配もないです。手間いらずの造花をお墓参りでお墓に飾れば、常に美しく咲いている花を見ることができます。しかしお墓参りで造花を持ち込み、お墓に供えることが完全に良いとは言えません。好ましくないとされるのは、仏の智慧や慈悲を表すのは、灯と華と香だからです。もしもお墓参りで飾るのが造花になると、3種類のうちの香が欠けてしまいます。生きた人間とは異なり、ご先祖様が召し上がるのは香りです。その香りが生花ではないことで失われるため、お墓参りの花に造花は適さないと言われています。子孫やお墓参りに訪れる人は、故人への大切な思いを持つことであり、感謝も込めて花をお墓に供えることです。